ホーム > 終着駅の情景 > 新十津川


  新十津川(JR北海道・札沼線)

1.駅舎

 

2.ホーム

【路線概略】

もともと「札」幌と石狩「沼」田とを結んでいた路線。1972年に新十津川−石狩沼田間が廃止され,新十津川駅が終着駅となった。「学園都市線」という愛称がつけられ,札幌近郊では運転本数も多い一方で,末端部では1日3往復しか運転されておらず,1つの路線の中で大きく異なる性格を持つ。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数(桑園−石狩当別,
石狩当別−浦臼,
浦臼−新十津川,
新十津川−石狩沼田の順に)

1944年12月

桑園−石狩当別25.9km
(石狩当別−石狩沼田は
営業休止中)

4往復,−,−,−

1956年12月

桑園−石狩沼田111.4km

9往復,6往復,8往復,8往復

1968年12月

桑園−石狩沼田111.4km

11.5往復,8往復,7往復,7往復
(他に区間列車あり)

1987年4月

桑園−新十津川76.5km

20往復,7往復,3往復,−
(他に区間列車あり)

2006年1月

桑園−新十津川76.5km

30.5往復,7往復,3往復,−

 

【駅データ】

駅名

新十津川(しんとつかわ)

所在地

 北海道樺戸郡新十津川町中央
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1931年10月10日(札沼北線中徳富駅[初代]として)

乗降客数

駅名のルーツ

明治22年,奈良県吉野郡十津川村が大洪水に遭い,難民が当地に移って一村をつくり,新十津川村としたことによる。

 

【乗車記】(2006年1月)

中徳富駅から一番列車に乗車。一面の銀世界の中,2.6kmを4分かけて走り,定刻9時29分に終点・新十津川に到着した。

さっそくホームに降り立つと,おばちゃんがホームでせっせと雪かきをしていた。おそらくは近所の方のボランティアだと思われる。地元の方々の駅に対する愛情が感じられ,こちらも嬉しくなった。・・・1日3回しか列車はやって来ないのだが。

・・・というわけで,大したことは言ってないけど,今回の乗車記はこれで終わろうと思う。とにかく終着駅にさえ行けば「終着駅の情景」シリーズは成立するだが,全線の3.4%しか乗車していない人間が偉そうに札沼線の「乗車記」を書くのはおこがましいし,気が引ける。もとより,書くことがない。札沼線に対しても大変失礼だ。だから,またいつか全線に乗車した上で改めて乗車記をしたためることにして,今回はこれでご勘弁いただきたいと思う。


ホーム > 終着駅の情景 > 新十津川