ホーム > 終着駅の情景 > 住吉公園・天王寺駅前


  住吉公園・天王寺駅前(阪堺電気軌道・上町線)

1.住吉公園

 

2.天王寺駅前

【路線概略】

大阪馬車鉄道として開業。南海鉄道,近畿日本鉄道,南海電気鉄道時代を経て,1980年に阪堺電気軌道となった。運転系統は天王寺駅前−住吉公園と天王寺駅前−我孫子道(阪堺線に乗り入れ)に分かれている。住吉公園駅と天王寺駅前駅はともに近畿の駅百選に選ばれた。

 

【路線データ】

営業キロ

運行本数

1925年4月
(南海鉄道)

天王寺駅前−住吉公園2.9哩

?往復

1944年12月
(近畿日本鉄道)

天王寺駅前−住吉公園4.6km

?往復

1956年12月
(南海電気鉄道)

?往復

1965年10月
(南海電気鉄道)

天王寺駅前−住吉公園?km

?往復

1987年4月

天王寺駅前−住吉公園4.6km

?往復

2005年6月

天王寺駅前−住吉公園4.6km

75往復

 

【駅データ】

駅名

住吉公園(すみよしこうえん)

所在地

大阪府大阪市住吉区長峡町100
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1913年7月2日(南海鉄道住吉駅(初代)として)

乗降客数

2,373人(1日平均)

駅名のルーツ

駅名

天王寺駅前(てんのうじえきまえ)

所在地

大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1900年9月20日(大阪馬車鉄道として)

乗降客数

11,038人(1日平均)

駅名のルーツ

 

【乗車記】(2005年2月)

阪堺線・住吉駅で下車し,歩いて住吉公園駅に到着。下町特有のごちゃごちゃした,だけどそれゆえに情緒あるエキナカだ。

駅の時刻表を見て首をかしげる。「こんなに本数あったっけなぁ・・・?」・・・よく見ると,住吉鳥居前駅の時刻も一緒に記してあった。近いから歩け,ということらしい。言われた通りに歩いて鳥居前から乗るほうがいいのか,待っても6分以内には出る住吉公園発の電車に乗るほうがいいのかは微妙だと思う。少なくとも乗りつぶしがかかっている私としては,迷うことなく後者を選んだ。

案の定,やがて発車した天王寺駅前行き電車は,次の住吉駅で阪堺線と平面交差し,専用軌道をさらにゴトゴト進む。途中から専用軌道に入り,やはりゴトゴト進む。進むにつれて,だんだん乗客が増え,立ち客でいっぱいになり,車窓を眺めるのも難儀になってきた。もともと景色を真剣に眺める気はないが。

終点・天王寺駅前に到着。車内にため込んだ乗客を一気に吐き出し,やれやれといった感じだ。吐き出された私は,駅すぐ北側の歩道橋から今までお世話になった電車を眺めてみた。

天王寺という大阪の中心部に今なお残された路面電車。周囲をクルマに包囲され,肩身狭く申し訳なさそうに走っている。だが,いつか立場が逆転し,路面電車のほうが晴れがましく走る日が来るだろう。そうなることを願いつつ,阪堺電軌の旅を終えた。


ホーム > 終着駅の情景 > 住吉公園・天王寺駅前