ホーム > 終着駅の情景 > 鷹巣


  鷹巣(秋田内陸縦貫鉄道・秋田内陸線)

1.駅舎

 

2.ホーム

【路線概略】

1934年に開業した国鉄阿仁合線(鷹ノ巣−米内沢,のち比立内まで延伸)と1970年に開業した国鉄角館線(松葉−角館)が前身。国鉄再建法により廃線指定を受けた阿仁合線・角館線は,1986年に秋田内陸縦貫鉄道に転換され,残る比立内−松葉間も1989年に開業させた。起点の「鷹巣」駅は,JRでは「鷹ノ巣」駅である。第3セクターとしては珍しく急行「もりよし号」が走る。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1944年12月
(国鉄阿仁合線)

鷹ノ巣−阿仁合33.1km

7往復

1956年12月
(国鉄阿仁合線)

鷹ノ巣−阿仁合33.1km

8往復

1968年12月
(国鉄阿仁合線)

鷹ノ巣−比立内46.1km

6往復(他に区間列車あり)

1987年4月
(秋田内陸北線・
南線)

鷹ノ巣−比立内46.0km,
角館−松葉19.1km

鷹ノ巣−比立内8往復
(他に区間列車あり),
角館−松葉7往復

2005年6月

鷹巣−角館94.2km

11往復(他に区間列車あり)

 

【駅データ】

駅名

鷹巣(たかのす)

所在地

秋田県北秋田市松葉町
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1900年10月7日(国鉄奥羽北線鷹ノ巣駅として)

乗降客数

916人(2001年現在,1日平均)

駅名のルーツ

鷹が巣作りするという吉祥を祝う記念地名。

 

【乗車記】(2004年8月)

JR奥羽本線で「鷹ノ巣」駅にやってきた。すぐ横にある秋田内陸線「鷹巣」駅に向かう。待合室では,あふれんばかりのたくさんの乗客が改札を待っていた。しかも大半が地元の方と見受けられる。廃止の噂があったので,これにはびっくり。と同時に,すっかり安心。やがて発車した列車は,車窓にのどかな山間の風景と味わい深い駅舎を演出しながら,秋田の内陸部をのんびりと行く。あまりの素晴らしさに,また来たいと素直に思った。


ホーム > 終着駅の情景 > 鷹巣