ホーム > 終着駅の情景 > 蛸島

ホーム > 廃線跡の情景 > のと鉄道・能登線【現役時代の様子】


  蛸島(のと鉄道・能登線)

1.駅舎側から

 

2.ホーム側から

 

【路線概略】 ※2005年4月1日廃止

国鉄能登線として,1959年に穴水−鵡川間が開業。その5年後に全通。1988年にJR西日本からのと鉄道に転換された。以前は急行も走っていたが,経営改善策の一環で廃止された。その後も乗客減少に歯止めがかからず,2005年3月31日をもって路線自体が廃止された。

 

【路線データ】 ※現在は廃止

 

営業キロ

運行本数(穴水−珠洲,
珠洲−蛸島の順に)

1968年12月(国鉄)

穴水−蛸島61.1km

10往復(他に区間
列車あり),6.5往復

1987年4月(JR西日本)

穴水−蛸島61.1km

11.5往復,7往復

2005年3月

穴水−蛸島61.0km

8.5往復,8往復

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

蛸島(たこじま)

所在地

石川県珠洲市正院町川尻
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1964年9月21日(国鉄能登線として)

乗降客数

駅名のルーツ

江戸時代からの風待港で好避泊地。タコの名義は不明。網子(漁夫)に対する田子(農夫),沢(たく)のなまったものなどなど,種々の意見がある。

 

【乗車記】(2004年1月)

鹿波駅を訪問した翌日,周遊きっぷ(加賀・能登ゾーン)を手に再び能登半島に向かう。JRからのと鉄道に乗り換えた七尾駅では,想像した以上に老朽化した車両がこの路線の行く末を暗示しているように思われた。それでも列車はけなげに走り出す。

能登半島の先端に向けて,列車はうららかな,でもどこか寂しさを漂わせる能登半島の東海岸を行く。「前波」「波並」「松波」など,いろいろな「波」が車窓を通り過ぎる。1つ1つの小駅にこまめに停車していった老列車は,やれやれといった面持ちで終点・蛸島に停車した。

蛸島には幼い男の子が父親に肩車してもらいながら降り立った。息絶えようとしている蛸島駅が,幼い男の子を優しく迎え入れる。その光景をしっかり目に焼きつけてから,珠洲駅に向かって歩き始めた。


ホーム > 終着駅の情景 > 蛸島

ホーム > 廃線跡の情景 > のと鉄道・能登線【現役時代の様子】