ホーム > 終着駅の情景 > 立山


  立山(富山地方鉄道・立山線/立山開発鉄道・鋼索線)

1.駅舎

 

2.ホーム(富山地鉄)

[富山地方鉄道・立山線]

【路線概略】立山鉄道・富山電気鉄道・富山県営鉄道・立山開発鉄道がそれぞれ一部区間ずつ開業させたのが起源。立山線の列車は全て本線に乗り入れ,電鉄富山駅を発着する。普通列車だけでなく,季節特急「アルペン号」「立山号」や急行も走る。

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1925年4月
(立山鉄道)

寺田−立山(岩峅寺)5.0哩

7往復

1944年12月
(本線・立山線)

寺田−岩峅寺10.2km,
岩峅寺−栗巣野12.7km

寺田−岩峅寺16往復,
岩峅寺−栗巣野8.5往復
(他に区間列車あり)

1956年12月
(五百石線・
立山線)

寺田−岩峅寺10.2km,
岩峅寺−千寿ヶ原13.5km

寺田→岩峅寺25本・
岩峅寺→寺田21本,
岩峅寺−千寿ヶ原11.5往復
(他に区間列車あり)

1968年12月
(五百石線・
立山線)

寺田−岩峅寺10.2km,
岩峅寺−千寿ヶ原14.0km

?往復,13.5往復
(他に区間列車あり)

1987年4月

寺田−立山24.2km

17往復

2005年6月

寺田−立山24.2km

18.5往復
(他に区間列車あり)

【駅データ】

駅名

立山(たてやま)

所在地

富山県中新川郡立山町千寿ヶ原2
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1955年7月1日(立山開発鉄道千寿ヶ原駅として)

乗降客数

500人(1日平均)

駅名のルーツ

 

[立山開発鉄道・鋼索線] ※2005年10月1日会社名変更

【路線概略】立山黒部アルペンルートの一部を担い,標高差502mを7分かけて走る。冬季は運休する。立山開発鉄道は2005年10月1日に立山黒部貫光に吸収合併された。

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1956年12月

千寿ヶ原−美女平1.3km

?往復

1968年12月

千寿ヶ原−美女平?km

?往復

1987年5月

立山−美女平?km

?往復

2005年6月

立山−美女平1.3km

?往復

【駅データ】

駅名

立山(たてやま)

所在地

富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1954年8月13日(千寿ヶ原駅として)

乗降客数

駅名のルーツ

 

【乗車記】(2004年9月)

立山黒部アルペンルートもいよいよ終盤。美女平から乗った立山ケーブルカーは,アルペン越えの終わりを惜しむ僕たちを容赦なく下界へと連れて去って行く。終点・立山駅が目の前に迫る,まさにそのとき車窓に一瞬現れた得体の知れぬ線路。予想外の光景にただただ興奮,5分前に感じた名残惜しさは完全に消え失せる(下車後,それはあの有名な立山砂防工事専用軌道であることが判明)。興奮冷めやらぬうちに乗り換えた富山地鉄の列車は,古びた味わい深い無人駅の一つ一つに丁寧に停車しながら,夕闇迫る富山平野をかけていった。


ホーム > 終着駅の情景 > 立山