ホーム > 終着駅の情景 > 駅前・赤岩口・運動公園前


  駅前・赤岩口・運動公園前(豊橋鉄道・東田本線)

1.駅前

 

2.赤岩口

 

3.運動公園前

 

【路線概略】

豊橋市内を走る路面電車。終点から1つ手前の井原で赤岩口方面と運動公園前方面に分岐している。1925年に開業した後,延伸・経路変更・廃止を繰り返して現在の路線図のようにまった。市民には「市電(市内電車)」の名で親しまれているが,運営しているのは豊橋市ではなく豊橋鉄道。98年に移設された駅前電停から車庫のある競輪場前までは複線,その先は単線となる。赤岩口にも車庫がある。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1930年10月
(豊橋電気軌道)

駅前−東田3.1km

?往復

1944年12月
(豊橋電気軌道)

駅前−東田3.1km

?往復

1956年12月

市民病院前−
競輪場前4.0km

?往復

1968年12月

?km

?往復

1987年4月

駅前−赤岩口?km,
井原−運動公園前?km

?往復

2005年3月

駅前−赤岩口4.8km,
井原−運動公園前0.6km

駅前−赤岩口72往復,
駅前−運動公園前64往復
(他に区間列車あり)

 

【駅データ】

駅名

駅前(えきまえ)

所在地

愛知県豊橋市花田町
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1925年7月14日(豊橋電気軌道として)

乗降客数

駅名のルーツ

駅名

赤岩口(あかいわぐち)

所在地

愛知県豊橋市東田町井原
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1960年6月1日

乗降客数

駅名のルーツ

駅名

運動公園前(うんどうこうえんまえ)

所在地

愛知県豊橋市岩田町・豊岡町
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1982年7月31日

乗降客数

駅名のルーツ

 

【乗車記】(2004年1月)

駅前で市内電車1DAYフリー券を買って乗車。本数が多いので,とりあえずやって来た電車で赤岩口へ向かう。

市内をゴトゴト走り,約20分で赤岩口に到着。交通量の多い道路の真ん中で降ろされる。ここからもう一つの終点・運動公園前までは比較的近いので,歩くことにした(←フリー券を買う意味なし)。

井原電停前を経由し,だらだら30分ほど歩いて到着。近くに高校があるらしく,駅前行きの電車を待つ間にも学校帰りの高校生が続々と集結してきた。案の定,車内は大混雑。だけど電車が地域の足として機能していることにちょっと安心。走っている車両はとても古めかしいものだけど。


ホーム > 終着駅の情景 > 駅前・赤岩口・運動公園前