ホーム > 終着駅の情景 > 津屋崎

ホーム > 廃線跡の情景 > 西日本鉄道・宮地岳線【現役時代の様子】


  津屋崎(西日本鉄道・宮地岳線)

1.駅舎

 

2.ホーム

 

3.津屋崎海水浴場

【路線概略】 ※2007年4月1日一部廃止・路線名変更

博多湾鉄道汽船が起源。1951年に全線が開通した。もともと新博多駅(廃止時は千鳥橋駅)を起点とし,福岡市内線の貝塚線と呼ばれていたが,1979年に千鳥橋−西鉄多々良(現在の貝塚)間が廃止され,1986年に開業した福岡市営地下鉄箱崎線と接続するようになった。ただし,直通運転はされておらず,全線でワンマンの普通列車のみが運転されている。2007年3月いっぱいで西鉄新宮−津屋崎間が廃止され,路線名も貝塚線と改められた。

 

【路線データ】 ※現在は一部廃止

 

営業キロ

運行本数

1925年4月
(博多湾鉄道)

新博多−和白6.7哩

13往復

1944年12月
(宮地岳線)

新博多−宮地岳23.1km

?往復

1956年12月
(宮地岳線)

競輪場前−津屋崎21.1km

?往復

1968年12月
(宮地岳線)

貝塚−津屋崎?km

?往復

1987年4月
(宮地岳線)

貝塚−津屋崎20.8km

?往復

2006年8月
(宮地岳線)

貝塚−津屋崎20.9km

75往復
(他に区間列車あり)

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

津屋崎(つやざき)

所在地

福岡県福津市大字津屋崎716-1
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1951年7月1日

乗降客数

1,686人(2000年度現在,1日平均)

駅名のルーツ

 

【乗車記】(2006年8月)

激しい雨の中,贅沢にも新幹線で九州に上陸。贅沢にも小倉から特急に乗って赤間で下車し,10分後にやって来た準快速に乗り換え。10分ほど揺られて福間で下車した。駅そばで腹ごしらえした後,傘を差してとぼとぼ歩き出す。目指すは歩いて20分ほどのところにある西鉄福間駅,そして廃止が予定されている西鉄宮地岳線である。

わざわざ歩かなくても,福間から香椎を経由し和白で乗換えれば簡単に乗車できるのだが,廃止される駅を1つでも多く利用しておきたいという思いがある。それに,できるだけ単なる往復にならないようにもしたい。というわけで,容赦なくズボンを濡らしにかかる辛辣な雨が降っているけど,それゆえ気分は最悪だけど,当初の予定通り,JR福間駅で降りて西鉄福間駅まで歩くことにした。

実際の距離以上に遠く感じた西鉄福間駅に到着。駅構内を一通り見回し,駅舎も一通り見回し,駅に流れる空気を一通り感じていると,津屋崎行きの普通電車がやって来た。あわてて乗車駅証明書を取り,あわてて乗り込む。乗り込んだ列車は,あわてて扉を閉じ,あわてて走り出した。

乗り込んでみて,乗客の少なさにびっくりする。福岡に近く福岡と直結する路線なのに,わずか6人しか乗っていない。ので,2両編成の後ろの車両は空っぽだ。車体もうらぶれ,古びている。いかにもよその路線のお古を持ってきましたという感じだ。だんだんいたたまれなくなって,車窓に視線をそらす。と,今度はどんよりとした暗い雲が一面に広がり,大粒の雨が容赦なく窓に叩きつけてくる。・・・・・・何もかもがもうすぐ廃止される路線の侘しさと哀しさを辛辣にも強調するように仕立て上げられていた。

たった2駅,6分で終点・津屋崎に到着。愛想の良い駅のおばちゃんに運賃を支払い,さっそく駅周辺の散策に出る。駅を出て南西に向かうと,すぐに海に出た。看板に「津屋崎海水浴場」とあり,きれいな砂浜が広がっている。が,お盆を過ぎ雨も降っている今日はあまりにひっそりとしている。楽しげな海水浴場でさえ,侘しさと哀しさを辛辣にも強調するように仕立て上げられていた。

駅に戻り,愛想の良い駅のおばちゃんから切符を買う。しばらく待っていると,わずか3人の乗客を乗せた列車がやってきた。雨に濡れつつ,折り返しの貝塚行きとなるこの列車に乗り込む。今度もわずか3人の乗客を乗せて発車したこの列車は,途中でごく少数の乗客を乗り降りさせつつ,三苫以降は多数の乗客を乗り降りさせつつ,終点の貝塚に向けてゴトゴト走っていった。


ホーム > 終着駅の情景 > 津屋崎

ホーム > 廃線跡の情景 > 西日本鉄道・宮地岳線【現役時代の様子】