ホーム > 終着駅の情景 > 内灘


  内灘(北陸鉄道・浅野川線)

1.内灘駅

 

2.内灘海岸

【路線概略】

1925年に開業した浅野川電気鉄道が前身。1929年全通。終戦直後に北鉄と合併。かつては内灘から先・粟ヶ崎海岸駅まで線路が延びていた。唯一の交換設備が三ツ屋駅にあり,大半の列車がここで行き違う。列車種別には急行と普通があり,急行は七ツ屋,磯部,三口,大河端,北間,粟ヶ崎を通過していたが,2006年12月のダイヤ改正で消滅した。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1930年10月
(浅野川電気鉄道)

金沢駅前−栗崎海岸8.6km

?往復

1944年12月
(浅野川電気鉄道)

金沢駅前−栗崎遊園7.3km

?往復
(他に区間列車あり)

1956年12月

北鉄金沢−栗ヶ崎6.3km

?往復

1968年12月

北鉄金沢−内灘6.8km

?往復

1987年4月

北鉄金沢−内灘6.8km

?往復

2005年3月

北鉄金沢−内灘6.8km

42往復

 

【駅データ】

駅名

内灘(うちなだ)

所在地

石川県河北郡内灘町向粟崎
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1929年7月14日(浅野川電気鉄道粟ヶ崎遊園前駅として)

乗降客数

2,693人(1998年現在,1日平均)

駅名のルーツ

 

【乗車記】(2004年1月)

野町駅からバスでJR金沢駅前までやって来た。やや迷いながらたどり着いた北鉄浅野川線乗り場は意外にも地下にあった。切符を買って電車に乗り込む。

真新しい北鉄金沢駅を出た電車は,こまめに駅に停まりながら,市街地の中を行く。車内を流れる特徴的な宣伝放送がやたら耳にまとわりついて困った。

そうするうちに,終点・内灘に到着。意外と住宅地が多い。それゆえ駅前にも活気がある。金沢のベッドタウンとして機能している感を受けた。

緩やかな坂を越えて,内灘海岸に向かう。波打ち際まで歩いてみた。日本海側特有の,うら寂しさを漂わせる海岸で,夕暮れ時に一人ぼんやりしていると,なぜだか拉致事件を思い出した。


ホーム > 終着駅の情景 > 内灘