ホーム > 終着駅の情景 > 矢島


  矢島(由利高原鉄道・鳥海山ろく線)

1.駅舎

 

2.ホーム

【路線概略】

1922年に開業した横荘鉄道が起源。社名が示すとおり,もとは本荘と横手を結ぶ計画だった。1937年に国鉄に買収されたあと,国鉄再建法で廃止指定を受け,1985年に由利高原鉄道に転換された。客車には「おばこ号」の愛称がつけられている。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1925年4月
(横荘鉄道西線)

羽後本荘−前郷7.3哩

5往復

1944年12月(国鉄)

羽後本荘−羽後矢島23.0km

4往復

1956年12月(国鉄)

羽後本荘−羽後矢島23.0km

6往復

1968年12月(国鉄)

羽後本荘−羽後矢島23.0km

9往復

1987年4月

羽後本荘−矢島23.0km

14往復

2005年6月

羽後本荘−矢島23.0km

14往復

 

【駅データ】

駅名

矢島(やしま)

所在地

秋田県由利本荘市矢島町七日町字羽坂
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1938年10月21日(国鉄矢島線羽後矢島駅として)

乗降客数

636人(2001年現在,1日平均)

駅名のルーツ

「矢」は「谷」の換え字で,谷の間にある島状の土地の意。

 

【乗車記】(2004年8月)

JR羽越本線で羽後本荘までやってきた。特段乗りたいこともないが,どうしてもうまい具合に時間がはまるので,由利高原鉄道に乗ってみる。

やがて動き出した列車は,路線名が示すとおり鳥海山の麓を,子吉川と絡み合いながらのぼっていく。「沢」や「川」がつく駅名が多い。が,それ以上特段のことはなかった。

終点・矢島駅に到着。実にきれいに整備されている。鉄道を守り育てていこうという気概が感じられる。が,それ以上特段の味わいはなかった。


ホーム > 終着駅の情景 > 矢島