ホーム > 終着駅の情景 > 横河原


  横河原(伊予鉄道・横河原線)

1.駅舎

 

2.ホーム

【路線概略】

外側(現・松山市)−平井河原(現・平井)間が1893年に開業したのがルーツ。その後,横河原まで延伸し,改軌と電化を経て現在に至る。普通列車のみが運転され,その大半が高浜線へ直通している。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1925年4月

松山−横河原8.3哩

?往復(他に区間列車あり)

1944年12月

松山市−横河原13.2km

?往復(他に区間列車あり)

1956年12月

松山市−横河原13.2km

?往復(他に区間列車あり)

1968年12月

松山市−横河原13.2km

?往復

1987年4月

松山市−横河原13.2km

?往復

2006年1月

松山市−横河原13.2km

63往復

 

【駅データ】

駅名

横河原(よこがわら)

所在地

愛媛県東温市大字横河原
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1899年10月4日

乗降客数

1,042人(1日平均)

駅名のルーツ

 

【乗車記】(2004年9月)

高浜駅から始発の横河原行き普通列車に乗車。20分で松山市駅に到着した。この電車はここで5分間停車した後,横河原線に入って横河原に向かう。

電車は松山市近郊を行く。田んぼが少し入り混じる新興住宅地だ。郊外へと向かっているので車内は空いている。そして小まめに現れる小駅の一つ一つで小休止しては少人数の客を乗降させていく。

愛大医学部南口駅に到着。比較的最近にできたと思われる新しい駅だ。「さぁあと1駅で終点の横河原だ,いま乗っている人はこのまま横河原まで行くんだろうな」などと思いながらのん気に発車を待っていると,なんとなんと,車内に残っていた乗客は一人残らずここで降りてしまった。これには本当にたまげてしまった。

結局,私一人だけを乗せて残りの800mを快走した(まさしく)わが電車は,定刻に終点・横河原駅のホームに滑り込んだ。ホームには松山に向かうとおぼしき大勢の乗客が電車の到着を待っている。そんな彼らの視線を尻目に改札を出,駅前の散策に出る。

「ほかに誰も降りない横河原とは一体どういうところであるか?」とついつい期待が高まる。そんな妙な期待を抑えつつ,駅周辺を適当にぶらついてみる。が,特にどうということはない。特にどうというものもない。特にどうという人もいない。横河原にゆかりのある人には非常に申し訳ないのだけれど,残念ながら横河原は特にどうということのないごくごく普通の町であると言わざるを得ないようだ。・・・・・・ただ一つ,あまりに味わい深い木造の横河原駅の駅舎を除いては。


ホーム > 終着駅の情景 > 横河原