ホーム > 終着駅の情景 > 湯の山温泉


  湯の山温泉(近畿日本鉄道・湯の山線)

1.駅舎

 

2.駅東側から駅側をのぞむ

 

3.駅東側から四日市方面をのぞむ

【路線概略】

四日市鉄道が起源。運営会社変更と改軌,昇圧を経て現在に至る。以前は特急列車が走っていたが2004年に廃止され,現在は線内折り返しの普通電車のみが運転されている。終点の湯の山温泉駅には引き上げ線がある。湯の山温泉へは湯の山温泉駅からバスで約10分。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1925年4月
(四日市鉄道)

四日市市−湯ノ山10.2哩

14往復(不定期列車を含む,
他に区間列車あり)

1944年12月
(三重交通)

諏訪−湯ノ山15.6km

?往復
(他に区間列車あり)

1956年12月
(三重交通)

近畿日本四日市−
湯ノ山15.6km

?往復
(他に区間列車あり)

1968年12月

近畿日本四日市−
湯の山15.3km

?往復

1987年4月

近鉄四日市−
湯の山温泉15.4km

?往復

2006年8月

近鉄四日市−
湯の山温泉15.4km

59往復

 

【駅データ】

駅名

湯の山温泉(ゆのやまおんせん)

所在地

三重県三重郡菰野町大字菰野字募4852
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1913年6月1日(四日市鉄道湯ノ山駅として)

乗降客数

1,343人(1998年11月10日調査)

駅名のルーツ

 

【乗車記】(2006年7月)

近鉄内部・八王子線に乗車したあと,再び高架のホームへ。今度は湯の山温泉行き普通電車に乗る。特段乗りたいわけではないが,時間があって他にすることがないから仕方がない。

高架駅を発車した普通電車は,すぐに地上に降り,四日市の郊外を走り始めた。・・・・・・と同時に,徹夜明けでやって来た私はいかんともしがたい睡魔に襲われ,深い眠りに落ちてしまった。

こうしていつの間にか終点の湯の山温泉に到着。・・・と,その前に,今通ってきた線路の南側にもう1本線路が延びているのに気づいた。寝ぼけた目にはスイッチバックのように見える。が,湯の山温泉駅にそんなものがある(あった)だなんて聞いたことがない。これは異常に心惹かれる。改札を出ると,暑さも眠たさも忘れて,意気揚々と問題の場所に向かうことにした。

駅東側の踏切の真ん中に立って,西側と東側を注視する。あるいは,その踏切を渡り切って細い上り道を進み,向かって左手を注視する。こんな感じであらゆる角度からこいつの正体を暴こうとしたのだが,結局よく分からなかった。とにかくスイッチバックではないのは確かなようだ。(後で調べたところ,単なる引き上げ線らしい。)

湯の山温泉駅に戻り,再び普通電車で近鉄四日市に戻ることにする。それにしても,往路で熟睡してしまって沿線の風景を全く見ていないのが気になる。復路でも寝てしまってはこの路線の印象が全くなくなってしまう。近鉄湯の山線にも大変申し訳ない。そこで,自動販売機で炭酸飲料を買い,車内で眠くなったら飲んで刺激を与えて目を覚まさせるという強硬手段に出ることにした。

その効果はてきめんで,復路は全く眠ることなく近鉄四日市駅まで戻ってきた。これで近鉄湯の山線に対してもちゃんと顔が立ったと安堵する。のだけれど,非常に残念なことに,車窓は概してつまらなく,ここに特筆すべきことは何もなかった。


ホーム > 終着駅の情景 > 湯の山温泉