ホーム > 途中駅の情景 > 江田


  江田(JR東日本・磐越東線)

1.小野新町方面をのぞむ

 

2.いわき方面をのぞむ(左奥へと延びる引き上げ線の跡が見える)

 

3.駅入り口

 

4.引き上げ線終端から駅方向をのぞむ

 

5.背戸峨廊

【駅概略】

JRいわき駅から磐越東線を3駅,18.3kmの地点にある無人駅。駅前に商店があるほかは人家も少ない山あいの県道沿いに,1面1線のホームと小さな待合室がある。もともと信号所として設置され,その後本州では非常に珍しい仮乗降場として旅客扱いを開始したが,JRへの移行時に正式な駅へと格上げされた。急勾配区間にあたるため,一時期はスイッチバックを有していたが,1984年ごろまでには使用されなくなっていた模様。駅から歩いてすぐのところに見事な渓谷美を見せる背戸峨廊がある。

 

【駅データ】

駅名

江田(えだ)

所在地

福島県いわき市小川町上小川字江田
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1948年10月1日仮乗降場として開業,1987年4月1日駅に昇格

乗降客数

駅名のルーツ

江は夏井川のことで,その水を引いて田どころをつくったという地名か。

 

【停車本数データ】

1950年10月(仮乗降場)

?往復

1956年12月(仮乗降場)

?往復

1968年12月(仮乗降場兼信号場)

?往復

1987年4月(駅)

?往復

2006年11月(駅)

6往復

 

【訪問記】(2007年1月)

郡山駅から処女乗車となる磐越東線の午後一番列車に乗車。お世辞にも個性的とは言えない,似たようなつくりの駅の数々を通過し,江田駅で下車した。

江田駅 ――― 鉄道ファンの間でもあまり話題に上ることのない地味な駅だが,調べてみると実にさまざまなトピックに彩られた非常に魅力的な駅である。それらをこれから順に見ていこうと思う。

 

1.元・仮乗降場

江田駅は国鉄時代には仮乗降場だった。仮乗降場というのは国鉄の地方管理局の判断でまさしく「仮」に設置された停車場のことで,北海道には糠南駅をはじめ旧白滝駅生野駅などたくさん存在したが,本州では非常に珍しいものだった。国鉄からJRへの移行時に一般駅へと昇格し,現在に至っている。木の板を張り合わせただけの非常に簡素なホームであることが多いこれら北海道の仮乗降場上がりの駅に比べると,江田駅のホームはコンクリート製で立派に見えてしまうが,それでも磐越東線の他の(開設当初からの)一般駅に比べると1面1線のやはり簡素な造りであることが分かる(写真1,2)。

 

2.スイッチバック

江田駅は夏井川に沿った急勾配区間の途中にあるため,一時期スイッチバックが設けられ,列車の行き違いが行われていた。スイッチバックといっても,江田駅構内のいわき寄りで本線から分かれた引き上げ線が接線方向に,県道の北側に沿うように出ている(写真2)だけの,非常に簡素なものだった。

その痕跡をやはりこの目で確かめたい。ので,さっそく江田駅のホームから続く階段(写真3)を降りて駅前通りを東進し,すぐの踏切を渡ると,そこには明らかにそれと分かる引き上げ線の築堤跡が残っていた(写真4)。その終端には農道のような小道を跨ぐコンクリート橋があり,埋め込まれたプレートには「江田信号場折返線有効長延伸(土木軌道)工事 昭和42年8月2日竣工 株式会社秋田組」とあった。

 

3.廃校跡

スイッチバック跡の探索を終え,江田駅に戻るべく再び踏切を渡ろうとするそのちょっと手前に,右手奥(北)へと延びる坂道がある。スイッチバックの築堤跡を越え,さらに奥へとこの道を登っていくと,その突き当たりに和風な白壁が特徴的な廃校跡が姿を現した。校舎跡とおぼしきその建物の周りをぐるっと一周し,しばし正面から眺めてみて,ふと「廃校跡にしては校庭のスペースが全然ないなぁ」といぶかしく思う。・・・が,よくよく周囲を見回してみると,校舎のすぐ隣にある何らかの施設(老人ホーム?)がどうやらかつての校庭のスペースに建てられているらしいことが分かってきた。

 

4.背戸峨廊

廃校跡から江田駅に戻る。まだ時間があるので,駅前通りを今度は西に向かい,すぐの橋を渡る寸前で右に折れる。そして磐越東線の線路の下をくぐって小川沿いをどんどん山中へと突き進み,やがて現れた駐車場を越えると,にわかに渓谷に沿う未舗装の遊歩道となった。ここは「背戸峨廊」と呼ばれる渓谷で(写真5),場所によっては川岸ぎりぎりに辛うじて付けられた狭い一本道を行ったり,急な階段を登ったりで,なかなかスリルがある。途中のトッカケ滝までなら本格的な登山の装備がなくても簡単に行けるらしいので,とりあえずそこまで進んで,しばしこの滝の流れ落ちる様子を見物した。

・・・それにしてもこの「背戸峨廊」,紅葉の時期には多くの観光客で賑わうらしいが,季節外れの今日はトッカケ滝まで来ても他に誰も見当たらない。岩肌を洗う激しい水の流れだけがいつまでも飽くことなく澄んだ清らかな音を発している。そんなところでただ一人,所在なくたたずんでいると,なぜだか2時間サスペンスドラマの終盤,追い詰められた犯人がなぜかいつも決まってちょっと危険な場所で事件の顛末を告白している場面が目に浮かんできた。そうなると,ふと後ろを振り返れば知らない誰かが立っていそうな気がしてきて,実際に後ろを振り返っても誰もいなかったけれど,やっぱり何とも言えない寂しさが急に募ってきて,大急ぎで今来た道を江田駅へと引き返していった。


ホーム > 途中駅の情景 > 江田