ホーム > 途中駅の情景 > 布土

ホーム > 廃駅跡の情景 > 布土【現役時代の様子】


  布土(名古屋鉄道・河和線)

1.駅全景(河和方面をのぞむ)

 

2.富貴方面をのぞむ

 

3.富貴方面から迎えにやって来た電車

【駅概略】 ※2006年12月16日廃止

名鉄河和線の富貴−河和口間にあった無人駅。富貴駅から1.9km,布土の集落の西側を通る名鉄河和線の切り通しの中にあった。もともと現在地より900mほど河和寄りにあったが,1972年に富貴寄りにあった四海波駅と統合して現在地に移転した。駅舎はなく,駅の両側を走る細い道路から直接2面2線のホームに入るようになっていた。SF(ストアードフェア)カードシステム「トランパス」の導入やバリアフリー化などを進める中で,利用者が極端に少なく,投資効果も期待できないことから,2006年12月15日をもって廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

布土(ふっと)

所在地

愛知県知多郡美浜町大字布土字外平井225
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1932年7月1日(知多鉄道として)

乗降客数

244人(2000年度現在,1日平均)

駅名のルーツ

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1992年3月

38.5往復

2004年5月

下り41本,上り38本

2006年8月

下り42本,上り38本

 

【訪問記】(2006年7月)

名鉄廃止予定駅訪問シリーズ第4弾。三河荻原駅から普通電車に乗車し,そのまま終点の蒲郡へ。トイレを済ませてからJRの快速電車に乗り,大府でさらに武豊線の普通列車に乗り換え,半田で下車。歩いて名鉄の知多半田駅に移動し,程なくやって来た急行に乗車。約10分で富貴に到着して再び河和行きの普通電車に乗り換え,ようやく目的地の布土駅に降り立った。

布土の集落の西側の,ちょっとした丘陵地帯を切り裂く切り通しの中に,隠れるようにして2面2線のホームがある。その中央には申し訳程度の屋根を持った申し訳程度の待合所がある。それ以外にはものの見事に何もない。強いて特記すべきことと言えば駅西側にある廃テニスコートぐらい。ひたすら簡素であっさりとした駅であり,ひたすら閑静で寂然とした場所である。

さて,いまは昼食時である。ここには食事をさせてくれそうな場所は全くないけれど,海沿いを走る国道に出れば何かしらありそうだ。というわけで,さっそく線路沿いの細い道を南下し,やがて左に折れて坂道を下り始める。

まもなく国道に出た。非常に交通量が多く,やや北方にコンビニの看板が見える。本日の昼食はそこでゲットすることにし,クルマに注意しながら路側帯を北上する。

やがて到着したコンビニでゲットした昼食を手に,コンビニ裏手の岸壁に出た。そして適当な場所を見つけて座り込み,昼食を食べ始める。海を見ながら,海風に吹かれながら食べるのはやっぱい気持ちがいい。・・・とりわけ景色がいいわけではないけれど。風が強すぎてゴミがすぐに飛ばされそうになったけど。

駅に戻る。相変わらず閑静で寂然とした雰囲気を保っている。そんな中,相変わらず申し訳程度の屋根を持った申し訳程度の待合所のベンチに座り,小憩する。いまのうちに,私が滞在した間の利用状況(乗降客延べ数)をまとめておこう(私自身を除く)。

女子学生2(ともに下車),おばちゃん1(下車)

このように,私が観察した&利用した下り2本,上り1本だけでもこれだけ多くの利用が確認できた。廃止される駅にしてはかなり多いと言えるだろう。少なくとも,JR北海道なら廃止しないと思われる。が,ここは名古屋鉄道という大手私鉄の一ローカル駅。「利用者が極端に少ない」と判断されたこの駅の廃止はもはや決定的である。別に何の思い入れもないけれど,何となく不憫だなぁといたわりつつ,迎えの電車に乗り込み,布土駅をあとにした。


ホーム > 途中駅の情景 > 布土

ホーム > 廃駅跡の情景 > 布土【現役時代の様子】