ホーム > 途中駅の情景 > 東笠松・学校前

ホーム > 廃駅跡の情景 > 東笠松・学校前【現役時代の様子】


  東笠松(名古屋鉄道・名古屋本線)/学校前(名古屋鉄道・広見線)

1.東笠松(ホーム)

 

2.東笠松(駅前)

 

3.学校前

【駅概略】 ※2005年1月29日廃止

[東笠松]名鉄名古屋本線の笠松−木曽川堤間にあった無人駅。笠松駅から0.6kmの地点にあった。すぐ横を木曽川が流れ,岐阜県内でもっとも名古屋寄りにあった。2面2線のホームに普通列車のみが停車していた。

[学校前]名鉄広見線の新可児−明智間にあった無人駅。新可児駅から1.9kmの地点にあった。以前は広見小学校が駅前にあったため,この駅名がついたと思われる(現在では広見小学校は移転し,跡地が市民運動場になっている)。普通列車でも通過するものがあった。

両駅とも1950年代後半をピークに乗客が減少し,2003年度の利用者は1日平均100人強にまで落ち込んでいた。そのため,鉄道駅としての使命を終えたとして,2005年1月28日をもって廃止された。路線廃止をともなわない駅の廃止は名鉄として15年ぶり。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

東笠松(ひがしかさまつ)

所在地

岐阜県羽島郡笠松町若葉町1
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供) 

開業

1935年4月29日(名岐鉄道名岐線として)

乗降客数

109人(2003年現在,1日平均)

駅名のルーツ

駅名

学校前(がっこうまえ)

所在地

岐阜県可児市石井字浦田256-1
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供) 

開業

1928年12月7日(東美鉄道として)

乗降客数

128人(2003年現在,1日平均)

駅名のルーツ

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

 

東笠松

学校前

2004年5月

67.5往復

33往復

 

【訪問記】(2005年1月)

名鉄の2つの駅が今月いっぱいで廃止になるということで急いでやって来た。名鉄の駅だが,移動は基本的に18きっぷである。

JR岐阜駅に到着し,急いで名鉄新岐阜駅へ。切符を買って普通列車に揺られること9分,東笠松駅に到着した。

木曽川に面した見通しのよいロケーションにある。北側には競馬場があり,南西側には住宅地が広がっている。駅前には自動車と自転車が数台ずつ停められており,ちゃんと利用者がいるようだ。・・・・・・が,それだけだった。周囲を歩いてみたものの,廃止になるということ以外は特にどうということもなかった。

新岐阜に戻り,JRで名古屋へ。名古屋臨海高速鉄道,名古屋ガイドウェイバスといった新線を見物したあと,JR太多線で可児へ。改札を出て名鉄新可児駅で切符を買い,普通列車に揺られること3分,今度は学校前駅に到着した。

夕暮れ迫る田園地帯に1面1線の無人駅がぽつんとある。南側には運動場があり,駅周辺には家が点在している。駅前には自転車が数台停められており,ちゃんと利用者がいるようだ。・・・・・・が,それだけだった。周囲を歩いてみたものの,廃止になるということ以外は特にどうということもなかった。

今回の旅では,名古屋周辺の路線開業の歓喜と駅廃止の悲哀とがはからずも鮮やかに描き出された。そう無理に意味づけをすることにして,JR可児駅に向かって歩き始めた。


ホーム > 途中駅の情景 > 東笠松・学校前

ホーム > 廃駅跡の情景 > 東笠松・学校前【現役時代の様子】