ホーム > 途中駅の情景 > 上利別


  上利別(北海道ちほく高原鉄道・ふるさと銀河線)

1.駅舎

 

2.ホーム(北見方面をのぞむ)

 

3.迎えにやって来た列車

【駅概略】  ※2006年4月21日廃止

北海道ちほく高原鉄道の陸別駅から南へ4駅,19.0kmの地点にあった無人駅。古い木造の駅舎と2面2線のホームがあり,駅舎には高校の美術部によるペイントが施されていた。駅西側には国道242号線との間に集落が開け,東側にはいまだ操業中の製材所があり活気を見せていたが,ふるさと銀河線の廃止に伴い2006年4月20日をもって廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

上利別(かみとしべつ)

所在地

北海道足寄郡足寄町上利別本町20-11
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供) 

開業

1910年9月22日(国鉄網走線として)

乗降客数

36人(1998年現在,1日平均)

駅名のルーツ

利別川の上流にあることから。利別とはトシ・ペツ(網=蛇の忌詞・川)から出たもの。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1925年4月(国鉄網走本線)

3.5往復

1944年12月(国鉄網走本線)

5往復

1956年12月(国鉄網走本線)

5往復

1968年12月(国鉄池北線)

下り8本,上り6本

1987年4月(JR北海道池北線)

7.5往復

2005年10月

7往復

 

【訪問記】(2005年10月)

塩幌駅で下車した後,国道に出て北上し始める。目指すは隣の上利別駅である。

上利別駅には2年前にも訪問している。今回と同じく塩幌駅から徒歩で訪問した。暴走自動車が行き交う国道をとぼとぼ歩いた末にたどり着いた上利別駅。その味わい深い木造駅舎が目に飛び込んできたときの感動は今でもはっきりと覚えている。あの木造駅舎は今も健在なのだろうか?

前回と同じ道を同じ時間帯に同じ目的地に向けて歩く。40分も歩くとにわかに歩道が現れ,上利別の集落に入った。

歩道を駅に向けて歩く。しばらく行くと右手に学校がある。が,黒い記念碑もある。刻まれた文章を読んでみると,3年前に廃校になった由。そういえば前回来たときに「今までありがとう」という垂れ幕がかかっていて何のことかと思ったが,あのときすでに廃校になっていたようだ。今はその垂れ幕もなく,校庭には草が繁茂し始め,校舎の時計は11時10分を指したまま止まっていた。

上利別駅に到着。嬉しいことに木造の駅舎は健在で,再びやって来た旅人を温かく出迎えてくれる。長い間厳しい自然に耐えてきた味わい深い駅舎を一通り観察してから,駅のベンチでお菓子と缶コーヒーのブランチをとる。

それにしても訪問客が多い。駅前に車が停まったかと思うとカメラを持った人が降り立ち,駅舎やホーム,偶然やって来た列車などを撮影していく。ふるさと銀河線は半年後の廃止が決まっており,熱心なファン達の活動はすでに活発化しているらしい。

そんなファン達と積極的に話をしているおばちゃんがいる。どうやら地元のボランティアらしく,上利別駅の歴史などいろいろ説明しておられる。駅の管理も手がけておられるのか,駅舎もホームも実に綺麗ですがすがしい。地元の方の駅に対する愛情を感じる。

それにしてもこの駅にはゴミ箱がない。ブランチの残骸であるお菓子の袋と空き缶を捨てるところがない。仕方ないから持ち帰ろうとしたら,件のおばちゃんが「私が捨てておきますよ」と言ってくれる。おばちゃんによると,足寄町ではゴミを16種類に分別することになり,駅のゴミ箱も撤去されてしまったという。丁重にお礼を言って,残骸を受け取って頂くことにした。おばちゃん,本当にありがとう!

駅に対する愛情。訪問客に対する親切。すっかり気分が良くなり素直に良いところに来たものだと思う。そんなところにある上利別駅は幸せ者と言えるだろう。・・・少なくとも来年の4月までは。

迎えの普通列車がやって来た。名残惜しいけど,次の目的地に向かうことにする。乗り込んだ列車は,名残を惜しむことなくあっさりスピードを上げていく。上利別駅は見る間に後ろに流れ,すぐに見えなくなる。存命中に彼に会うことはもう二度とないだろう。

今までどうもありがとう。長い間本当にご苦労さま。

そして,さようなら,上利別駅・・・・・・。


ホーム > 途中駅の情景 > 上利別