ホーム > 途中駅の情景 > 三河荻原

ホーム > 廃駅跡の情景 > 三河荻原【現役時代の様子】


  三河荻原(名古屋鉄道・西尾線)

1.吉良吉田方面をのぞむ

 

2.駅前広場

 

3.「廃止反対」の立て札

【駅概略】 ※2006年12月16日廃止

名鉄西尾線の吉良吉田−上横須賀間にあった無人駅。吉良吉田駅から1.4kmの地点にあった。駅舎はなく,道路から直接1面1線のホームに入るようになっていた。吉良町役場の最寄り駅でもあった。SF(ストアードフェア)カードシステム「トランパス」の導入やバリアフリー化などを進める中で,利用者が極端に少なく,投資効果も期待できないことから,2006年12月15日をもって廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

三河荻原(みかわおぎはら)

所在地

愛知県幡豆郡吉良町荻原字川中48
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1915年8月5日(西尾鉄道荻原駅として)

乗降客数

229人(2000年度現在,1日平均)

駅名のルーツ

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

2004年5月

34.5往復

2006年8月

35.5往復

 

【訪問記】(2006年7月)

名鉄廃止予定駅訪問シリーズ第3弾。鎌谷駅から普通電車に乗車し,6分ほど揺られたあと,今度は三河荻原駅で下車した。

住宅の建て込んだ狭苦しい一角に1面1線のホームがある。廃止されると聞いてやって来たのだが,廃止されるような場所にあるとは到底思われない。「本当に廃止されるのか??」と疑いつつホームから降りて駅前広場に出ると,その片隅に「三河荻原駅廃止 絶対反対」という立て看板があるのに気づいた。これを見て,やっぱり廃止されるんだなぁとの思いを新たにした。

駅前を南北に走る大きな通りを南に向けて歩いてみる。と,やがて左手に大きく立派な建物が現れた。駅のすぐ近くに吉良町役場があると事前に調べていたので,特に確認もせず「これがそうなんだな」と単純に思い込む。そうしてさらに南に歩くと,その立派な建物のすぐ南側に小さくてうらぶれた建物があるのに気づいた。「こっちは何なんだろう?」と思ってつぶさに観察してみると,なんとなんと,こっちに「吉良町役場」と書いてある。「じゃあさっきの立派な建物は何だったんだ?」と思って駅に引き返しがてら観察してみると,「公民館」とあった。どうやら吉良町というところは町役場より公民館のほうが立派なところらしい。そして,町役場の最寄り駅が廃止されるような町らしい。

駅に戻る。迎えの電車までまだもう少し時間があるので,ホームのベンチに座って休憩する。線路を隔てた向かい側に味わい深い商店があり,商店主と地元の方が歓談している。それをぼーっと眺めているうちに,私が滞在した間の利用状況(乗降客延べ数)をまとめておこう(私自身を除く)。

学生1(乗車),サラリーマン風の男性1(乗車),同業者1(下車)

このように,私が観察した&利用した下り2本,上り1本だけでもこれだけ多くの利用が確認できた。廃止される駅にしてはかなり多いと言えるだろう。少なくとも,JR北海道なら廃止しないと思われる。が,ここは名古屋鉄道という大手私鉄の一ローカル駅。「利用者が極端に少ない」と判断されたこの駅の廃止はもはや決定的である。別に何の思い入れもないけれど,何となく不憫だなぁといたわりつつ,迎えの電車に乗り込み,三河荻原駅をあとにした。


ホーム > 途中駅の情景 > 三河荻原

ホーム > 廃駅跡の情景 > 三河荻原【現役時代の様子】