ホーム > 途中駅の情景 > 椋岡

ホーム > 廃駅跡の情景 > 椋岡【現役時代の様子】


  椋岡(名古屋鉄道・河和線)

1.太田川方面をのぞむ

 

2.上りホーム

 

3.駅前広場

【駅概略】 ※2006年12月16日廃止

名鉄河和線の阿久比−植大間にあった無人駅。阿久比駅から0.6kmの地点にあった。もともと1983年に開業した阿久比駅に統合される形で廃止される予定だったが,地元の反対により存続することになった。そういう経緯もあってか,廃止直前には朝夕の一部の普通列車しか停車せず,名鉄で唯一普通列車でも通過するものがある駅となっていた。しかし,SF(ストアードフェア)カードシステム「トランパス」の導入やバリアフリー化などを進める中で,やはり利用者が極端に少なく,投資効果も期待できないことから,結局2006年12月15日をもって廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

椋岡(むくおか)

所在地

愛知県知多郡阿久比町大字椋岡字道上22-2
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1931年4月1日(知多鉄道として)

乗降客数

218人(2000年度現在,1日平均)

駅名のルーツ

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

2004年5月

下り11本,上り14本

2006年8月

下り11本,上り14本

 

【訪問記】(2006年7月)

名鉄廃止予定駅訪問シリーズ第5弾。内海駅から急行電車に乗車し,住吉町駅でいったん下車。10分後にやって来た椋岡にも停車する午後の上り1番列車に乗り換えてさらに6分,その椋岡駅で下車した。私を降ろした列車は,何かに追われるように慌てて扉を閉め,そそくさと走り去っていった。

昼間は列車が全く停車しないということもあり,訪問前は静かな山中にある小駅というイメージを持っていた。が,実際に来てみると,明るく開けた平地の中にある。そして駅の西側には交通量の多い道が走り,建物が密集している。およそ訪問前のイメージとは違うこの状況に,ただただ驚いてしまった。

次の列車までは1時間もある。それまでは普通電車でも通過してしまうからである。一方で,急行も停まる隣の阿久比駅はここから北へわずか600mの地点にある。そこで,この駅から脱出するにあたり,今から阿久比駅まで歩いてみようと思う。もともと椋岡駅は隣の阿久比駅に統合され廃止されるはずだったので,そうするのがあるべき訪問の形とも言えるだろう。

さて,と一呼吸入れ,いま一度この駅を一通り見回し,やがてふと身を翻し,阿久比駅に向けて一歩を踏み出す。その一歩が次の一歩を誘発し,阿久比駅がまた一歩近づいてくる。それを繰り返している今のうちに,私が滞在した間の利用状況(乗降客延べ数)をまとめておこう(私自身を除く)。

おばあさん1(下車)

このように,私が観察した&利用した下り1本,上り1本だけでもきちんとノーマルな利用者を確認できた。普通列車でも通過するような,そしてもうじき廃止されるような駅でノーマルな利用者を確認するのは通常では非常に難しい。少なくとも,JR北海道の駅なら確認できないと思われる。が,ここは名古屋鉄道という大手私鉄の一ローカル駅。これでも「利用者が極端に少ない」と判断されたこの駅の廃止はもはや決定的である。別に何の思い入れもないけれど,何となく不憫だなぁといたわりつつ,また次の一歩を踏み出し,阿久比駅へと吸い込まれていった。


ホーム > 途中駅の情景 > 椋岡

ホーム > 廃駅跡の情景 > 椋岡【現役時代の様子】