ホーム > 途中駅の情景 > 仁山


  仁山(JR北海道・函館本線)

1.ホーム(大沼方面をのぞむ)

 

2.駅舎

 

3.引き込み線(右側)が残る(左は本線)

 

4.函館方面から迎えにやって来た普通列車

【駅概略】

JR七飯駅から本線経由で北へ2駅,7.4kmの地点にある無人駅。2面2線のホームと,木造の駅舎がある。もともと信号場として設置されたが,途中から客扱いを行う仮乗降場の役割も果たすようになり,さらに国鉄民営化とともに正式な駅に昇格した。急勾配の途中にあるため,スイッチバックが設けられているが,現在は使用されていない模様。駅前には温泉施設とスキー場がある。

 

【駅データ】

駅名

仁山(にやま)

所在地

北海道亀田郡七飯町仁山
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1943年(信号場兼仮乗降場として)

乗降客数

駅名のルーツ

「ニ」はアイヌ語の「木」,「ヤマ」は同じく栗山の意。たくさん栗が採れたことによるという。

 

【停車本数データ】

1944年12月

?往復(信号場兼仮乗降場)

1956年12月

下り9本,上り11本(信号場兼仮乗降場)

1968年12月

下り10本,上り14本(信号場兼仮乗降場)

1987年4月

下り8本,上り13本(駅)

2009年11月

下り8本,上り13本(駅)

 

【訪問記】(2009年9月)

函館朝市で朝食を済ませた後,函館駅から大沼公園行き普通列車に乗り込む。気動車なのでブルンブルンと体を震わせて走る。この匂い,この乗り心地,何ともいえず良い。

新函館駅(仮称)となる予定の渡島大野駅を過ぎると函館平野が尽き,上り勾配となった。徐々に高度を上げ,右手に下界を見下ろすようになる。そろそろ一息つきたいと思ったところでスピードが落ち,仁山駅に到着した。

一人ぽつんと下車する。列車はあっさり行ってしまった。運の悪いことに小雨が降り出している。傘を差して歩き出す。

下り線ホームからスロープを上がると,味わい深い駅舎がある。この駅舎,普通の道のようなスロープを上がった先の高台にあって線路が横に見えず,しかもホーム側が正面側と同じような顔をしているので,たった今列車から降りて入って来たはずなのに,今から列車に乗りに駅にやって来たような錯覚に陥った。改札ラッチを見て,正気に返る。

駅務室を覗いてみる。1991年2月14日付の新聞が置いてある。「無事故は増収 安全とは生命です」というちょっと意味不明なスローガンが掲げてある。「構内略図及び要注箇所」と書かれた駅構内図もある。時間が止まったかのような空間だ。

駅舎を出ると,左手に石碑が立っている。読むと,「昭和十九年,仁山駅の移転・改築により必要となった駅取付道路が,地元の医師からの用地提供により完成を見た」とある。平成九年の北海道旅客鉄道株式会社がその厚意に感謝するため石碑を立てた由。なぜこんな後になって?しかも直接は関係のないJR北海道が?と不思議に思うが,人が人に感謝しているのを読むのは気分の悪いものではない。

駅前通りに出る。すぐ目の前にニヤマ温泉があり,目の前の斜面にニヤマ高原スキー場がある。季節外れの今日はひっそりしているが,スキーシーズンともなれば大いに賑わうに違いない。

さて,仁山駅といえばスイッチバックが有名だ。渡島大野から仁山を経て大沼に至る区間は20パーミルの急勾配が続き,仁山駅に停車した下り列車はスイッチバックなしでは発車できなかった。勾配の緩い別線(通称:藤城線)の開通や,列車性能の向上もあって,現在は全く使われていないようだが,設備はほぼそのまま残っているという。さっそく探索に向かう。

駅南側の踏切から渡島大野方面へ向かう。本線に比べてやや草生してはいるが,まだまだ十分使えそうな加速線が山際へと伸びている。それをたどってみると,なんとなんと,途中で2手に分岐しているではないか。加速線上に列車が停車した状態で,もう1本の加速線を使って別の列車が発車して行くなんてことがあったのだろうか。それはちょっと信じられないが,とにかくいろいろ考えさせられる加速線跡だ。

地形図によると,加速線のさらに山側(線路の西側)には丘陵部を切り開いて造成した新興住宅地のような区画が広がっている。駅前には温泉もあるしスキー場もあるので,別荘地として開発したのだろうか。・・・が,地形図に並んだ荒地の記号がむなしく示すように,今や雑草が密度高く生い茂っていて,元の自然に還りつつあった。

ここで時間切れ。ホームに戻る。雨はやんで,薄日が差し始めている。傘をたたんで,深呼吸をする。

他に強豪の多い北海道にあるのが災いしてか,仁山駅の注目度は実力不相応に低いように思われる。・・・が,今さらながら,いい駅だな,と思う。後ろ髪を引かれる思いで迎えの下り列車に乗り込む。列車はバックして加速線に入ることもなく,そのまま前へと加速して山中に飲み込まれていった。


ホーム > 途中駅の情景 > 仁山