ホーム > 途中駅の情景 > 小田林・東結城


  小田林・東結城(JR東日本・水戸線)

1-1.小田林(小山方面をのぞむ)

 

1-2.小田林(友部方面をのぞむ)

 

2-1.東結城(小山方面をのぞむ)

 

2-2.東結城(友部方面をのぞむ)

【駅概略】

[小田林]JR小山駅から水戸線を1駅,4.9kmの地点にある無人駅。1面1線のホームに,Suica簡易改札機と乗車駅証明書発行機がある。駅周辺は学校と工場と住宅地となっている。

[東結城]JR小山駅から水戸線を3駅,8.3kmの地点にある無人駅。1面1線のホームに,Suica簡易改札機と乗車駅証明書発行機がある。駅のすぐ近くを国道50号線が通っている。

両駅ともホームが短く,5両編成までの列車しか停車できないため,朝晩を中心に7両編成の電車は普通列車でも通過する。
(※その後、2007年3月のダイヤ改正で7両編成の電車は消滅し,さらに2014年3月のダイヤ改正で全列車が停車するようになった。)

 

【駅データ】

駅名

小田林(おたばやし)

所在地

茨城県結城市小田林
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1955年4月1日

乗降客数

駅名のルーツ

背の低い潅木が多い森林の間や,そういう土地を切り開いて水田を作ったことを示す。「小」は美称,愛称。

駅名

東結城(ひがしゆうき)

所在地

茨城県結城市上小塙
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1937年12月1日

乗降客数

駅名のルーツ

結城市の発展に伴い,結城駅の東にできた駅であることから。

 

【停車本数データ】

 

小田林

東結城

1944年12月

(営業休止中)

1956年12月

9.5往復

9.5往復

1968年12月

9.5往復

9.5往復

1987年4月

19往復

19往復

2005年10月

25往復

25.5往復

 

【訪問記】(2006年4月)

茨城県にJR水戸線というのがある。沿線に有名な観光地はなく,車窓は概してつまらない。走るのは臨時快速を除くと普通列車ばかりだ。そもそもけしからぬことに,水戸を通らないのに「JR水戸線」を名乗っている。かように数あるJR線の中でも屈指の地味さを誇る路線である。

そんな水戸線にも一つだけ,興味を惹かれるものがある。小山寄りにある小田林と東結城という駅だ。時刻表を見ると,朝夕を中心に普通電車なのに両駅を通過するものがある。かつて北海道に数多く存在した仮乗降場を彷彿とさせる。

が,その割にはあまり鉄道ファンの話題に上らない。不思議に思って調べてみると,単にホームが短いから7両編成の電車が停車できない由。あえなくネタはバレたけど,とにかく両駅に行ってみようと思う。

JR小山駅で水戸線に乗り換えて5分,まずは小田林駅に到着した。地元民とおぼしき男性と中学生とおぼしき少年とともにホームに降り立つ。どうということもない住宅地の中にあり,駅舎は無く,道路から直接ホームに行ける非常に簡素な駅である。

ホームが短いから7両編成の電車は停車できないというのは非常に分かりやすい話だ。が,それならホームを延長すればいいじゃないかという疑問が直ちに生じる。そうできない理由が何かあるのではないか。そう思ってホーム端まで歩いてみると,小山寄りにはホームを延伸した痕跡があった。そこから小山方面を覗き込んでみるに,もっとホームを延長できそうに見える。なのに延長するといった話は聞かない。地元住民からの要望を書いた横断幕なども見当たらない。JRとしても地元としても,7両編成の電車を小田林駅に停めたいとは思っていないようだ。

駅周辺の散策に出る。が,あまりに何もない。何もないように見えるところにこそ見るべきものがある,との信念を抱いているのだが,この小田林の地には見た目にも実質的にも見るべきものが本当にない。あえなく駅に戻り,待合室で時間をつぶすことにする。その間,次の列車に乗車する客は現れなかった。

次の普通電車に乗って6分,今度は東結城駅に到着した。地元民とおぼしき老紳士とともにホームに降り立つ。どうということもない住宅地の中にあり,駅舎は無く,道路から直接ホームに行ける非常に簡素な駅である。

ホームが短いから7両編成の電車は停車できないというのは非常に分かりやすい話だ。が,それならホームを延長すればいいじゃないかという疑問が直ちに生じる。そうできない理由が何かあるのではないか。そう思ってホーム端まで歩いてみると,友部寄りにはホームを延伸した痕跡があった。そこから友部方面を覗き込んでみるに,もっとホームを延長できそうに見える。なのに延長するといった話は聞かない。地元住民からの要望を書いた横断幕なども見当たらない。JRとしても地元としても,7両編成の電車を東結城駅に停めたいとは思っていないようだ。

駅周辺の散策に出る。が,あまりに何もない。何もないように見えるところにこそ見るべきものがある,との信念を抱いているのだが,この東結城の地には見た目にも実質的にも見るべきものが本当にない。あえなく駅に戻り,待合室で時間をつぶすことにする。そうする間にも,次の列車に乗車する客が三々五々集まってきて,総勢10名以上にもなった。

当初は田んぼのど真ん中にあって利用客が全然いないのではと思っていたが,実際に来てみると両駅ともそれなりに利用客がいた。この両駅ぐらいしか目立つもののない水戸線の魅力がさらに低下する恐れがあるけれど,両駅とも他の諸駅のように全列車が停車できるようホームを延長してもいいのではという気がした。


ホーム > 途中駅の情景 > 小田林・東結城