ホーム > 途中駅の情景 > 瀬戸瀬


  瀬戸瀬(JR北海道・石北本線)

1.駅舎

 

2.ホーム(旭川方面をのぞむ)

 

3.駅前通り(中央奥に瀬戸瀬駅が見える)

【駅概略】

遠軽駅から旭川方面へ1駅,11.1kmの地点にある無人駅。有効長の長い2面2線のホームを有し,快速「きたみ」を除く全普通列車が停車する。駅舎は1988年に現在のコンクリート製に建て替えられた。駅周辺は郵便局や小学校もある小市街となっている。

 

【駅データ】

駅名

瀬戸瀬(せとせ)

所在地

北海道紋別郡遠軽町瀬戸瀬西町
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1927年10月10日(石北東線として)

乗降客数

駅名のルーツ

セツ・ウシ・イ(鳥の巣の多い所)から。

 

【停車本数データ】

1930年10月(石北東線)

3往復

1944年12月(石北線)

5往復

1956年12月(石北線)

5.5往復

1968年12月

6往復

1987年4月

4往復

2006年1月

4往復

 

【訪問記】(2006年2月)

もうすぐ廃止になる新栄野駅から高校生の大勢乗った普通列車に乗車し,5分で隣の瀬戸瀬駅に到着。高校生達は誰も降りず,ひとり寂しく下車する。

さっそく駅舎を出て,駅前通りを国道333号線に出るまで歩く。駅前通りの両側には民家が建ち並んでいるのだが,あまりに活気がない。そのほとんどは廃屋と化していると思われる。

国道333号線に出た。ここからは北見バスに乗って遠軽駅に戻るつもりだが,やや時間がある。そこで国道を東に向けて歩いてみることにする。国道の両側には民家が建ち並んでいるのだが,あまり活気はない。その多くは廃屋と化していると思われる。

普通列車すら通過することの多い近隣の諸駅とは異なり,瀬戸瀬駅には快速「きたみ」以外の全普通列車が停車する。だから,瀬戸瀬には結構な集落が形成されているのだろうと思っていた。地図を見ても,建物のマークが多く記されている。しかし,いざ現地を訪れてみると,瀬戸瀬の集落はあまりに寂れていた。建物のマークがされていて,実際には廃屋だったりする。そういえばあんなに大勢乗っていた高校生達も,瀬戸瀬駅では誰も降りなかった。来る前のイメージが過大だったのかもしれないが,瀬戸瀬のように郵便局も小学校もあるそれなりの集落に対しても,「過疎」の2文字は確実に迫り来ている気がした。

・・・・・・。

「瀬戸瀬公民館」というバス停に到着。もともと「役場前」という名前だったが,昨年12月2日に名称変更となったバス停である。小奇麗な待合室があり,その中で遅い昼食をとる。

食べ終えてしばらくすると,丸瀬布方面から乗るべき迎えの北見バスがやって来た。おじいさん一人しか乗っていない車内に乗り込み,瀬戸瀬の地をあとにする。次に目指すは遠軽駅,そして生野駅である。


ホーム > 途中駅の情景 > 瀬戸瀬