ホーム > 途中駅の情景 > 小利別


  小利別(北海道ちほく高原鉄道・ふるさと銀河線)

1.駅舎

 

2.池田方面をのぞむ

 

3.北見方面をのぞむ(左手に使われなくなったホームが見える)

 

4.駅前通り

 

5.迎えにやって来た列車

【駅概略】 ※2006年4月21日廃止

北海道ちほく高原鉄道の陸別駅から北へ3駅,16.1kmの地点にあった無人駅。小利別地区は森林資源に恵まれ,鉄道の開通を機に発展してきた。最盛期には2千人もの人々が住み,駅前の本通りには商店や食堂,旅館が建ち並んでいたという。小利別駅も年間4万人を越える乗降客を誇り,駅長以下10人の駅員が勤務,給水塔を配備するなど運転上重要な駅として活況を呈していた。しかし林業が衰退するにつれ,人々はこの地を離れていく。現在では,駅前の市街地はほとんどが廃屋で,小学校は閉校,簡易郵便局も一時閉鎖中で,ゴーストタウンの様相を呈している。小利別駅のほうも1986年には無人化され,列車交換もなくなり,そしてついにはふるさと銀河線の廃止に伴って2006年4月21日に廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

小利別(しょうとしべつ)

所在地

北海道足寄郡陸別町利別川上94
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1911年9月25日(国鉄網走線として)

乗降客数

5人(1998年現在,1日平均)

駅名のルーツ

ポン・トシペツ(支流なる利別川)の意訳。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1925年4月(国鉄網走本線)

3往復

1944年12月(国鉄網走本線)

4往復

1956年12月(国鉄網走本線)

5往復

1968年12月(国鉄池北線)

5往復

1987年4月(JR北海道池北線)

5往復

2005年10月

6往復

 

【訪問記】(2005年10月)

川上駅で下車して周囲を散策したあと,国道242号線を北上し始める。目指すはここから6.3kmの地点にある小利別駅である。

ふるさと銀河線には2年前に乗車しているが,小利別駅を訪問するのは今回が初めてだ。前回小利別駅を通過する際,駅前に廃屋が建ち並ぶすさまじい光景が目に飛び込んできた。それが脳裏に焼きついていてずっと気になっていたのだが,今回めでたく訪問することになった。

さて,今歩いている国道は基本的に山中を行く。ふるさと銀河線を左に右に見つつ,たまに廃牧場が彩りを添える。国道を通過する車はまばらで,1分間に数台といったところ。思った以上に単調な道である。今年はクマが出たというニュースもよく聞く。そういうわけで,自然と早足になる。

歩き始めて約1時間半,ついに小利別の集落に入った。と,派手な車が今歩いてきた方向からやって来て,今から歩こうと思っている方向へと走り去っていく。持参した2万5千分の1地形図によると,この先に日産自動車の試験場があるようだ。・・・こんな北海道の山奥には何となく不釣合いな気がするのだが。

駅前の本通りを行く。と,いきなりおばあちゃんに遭遇する。前回見たゴーストタウンのイメージがこびりついているので,失礼ながら住民がいることにちょっと驚いてしまった。

駅前の交差点に到着。その角に簡易郵便局がある。が,営業している気配が全くない。あとで調べてみると,一時閉鎖中とのこと。郵政民営化に関係なく,閉鎖されるところは閉鎖される運命にあるのだろうか。

その交差点を右に折れる。すぐに行き止まり,その左手に何かしらの施設がある。広い庭のようなものを前面に従え,奥のちょっとした高台に建物がある。どうやら学校のようだ。が,ここもまた子供たちのいる気配が全くない。残念ながらすでに廃校になったようで,旧校舎は「夢舎」という宿泊施設に転用されていた。

引き返して直進し,ついに小利別駅に到着した。駅舎は最近建て直されたらしく,特段の味わいはない。が,ここは日本でも有数の極寒の地。防寒という意味では快適な空間のようにも見えてくる。

中に入る。川上駅と同じく,小利別駅の歴史などを記した解説が貼ってある。ふるさと銀河線を応援する団体が作成してくれたようで,歴史派の私にとっては非常にありがたい。読みつつしっかりメモさせていただいた。

それによると,小利別は林業の町として栄えたという。最盛期には2千人もの人々がこの地で生活し,駅前の本通りには商店や旅館が建ち並んで,大いに賑わったという。この解説文をしっかり頭に叩き込んでから,再び集落散策に出た。

まずは駅前交差点を左に折れる。1頭の犬が見慣れぬ不審人物を発見して吠えている。が,それ以外に見えるのは,行けども行けども無人の更地と廃屋ばかり。人の気配は全くない。

集落はずれに出た。そこを左に折れると,田んぼのあぜ道のような未舗装路が続いている。が,その両側に見えるのは,行けども行けども無人の更地と廃屋ばかり。人の気配は全くない。

駅前広場に出た。そこを直進すると,再び田んぼのあぜ道のような未舗装路が続いている。が,その両側に見えるのは,行けども行けども無人の更地と廃屋ばかり。人の気配は全くない。

・・・・・・行けども行けども,無人の更地あるばかり。

・・・・・・分け入れど分け入れど,無人の廃屋あるばかり。

・・・・・・見回せど見回せど,「廃」と名のつくものばかり。

結局,この小利別の集落の中で今も人が住んでいるのはわずか5軒ほどと見受けられた。

昔は人口2千人,今は人家5軒。林業従事者たちが日々の生活のよすがを求めて定着し,夢に満ち溢れ,活気に満ち溢れていた小利別の地は,今や不気味に静まり返った山奥のゴーストタウンと化しつつある。時の流れはかくも残酷で,かくも冷徹なものなのか・・・。

・・・・・・,・・・・・・・,・・・・・・・・・。

北見方面から迎えの列車がやって来た。もはや私のようなおかしな旅人しか乗り降りしないのだけど,きっちりホームの中央で停車して扉を開けてくれる。もはや営業や利益には関心がなく,小利別の壮大な歴史に敬意を示さんがためだけに停車しているようにも見える。

が,そんな表敬停車も来年の4月まで。ふるさと銀河線は半年後に廃止されることが決まっている。時の流れは小利別に対してまだまだ残酷に,冷徹に迫ろうとしている。そう考えると,なんだか小利別がとても不憫なように思えてきた。小利別はもう十分がんばったと思う。そろそろゆっくり休んでもいい頃だ・・・・・・。そんなことを思いながら,迎えの列車に乗り込んだ。

今までどうもありがとう。長い間本当にご苦労さま。

そしてさようなら,小利別駅・・・・・・。


ホーム > 途中駅の情景 > 小利別