ホーム > 途中駅の情景 > 問寒別


  問寒別(JR北海道・宗谷本線)

1.ホーム(幌延方面をのぞむ)

 

2.駅前広場

 

3.簡易軌道問寒別停車場跡に立つ記念碑

【駅概略】

JR天塩中川駅から北へ2駅,13.9kmの地点にある無人駅。駅周辺には比較的まとまった集落があり,全普通列車が停車する。以前は2面2線の交換設備を有していたが,現在は1面1線のホームと貨車駅舎だけになっている。1930年に開業した殖民軌道(のちの幌延町営軌道問寒別線)が駅前から二十線方面へ出ていたが,1971年に廃止された。

 

【駅データ】

駅名

問寒別(といかんべつ)

所在地

北海道天塩郡幌延町問寒別
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1923年11月10日(国鉄天塩南線として)

乗降客数

駅名のルーツ

トイ・カム・ペツ(土のかぶさる川)から。

 

【停車本数データ】

1925年4月(国鉄天塩南線)

2往復

1944年12月

4往復

1956年12月

5往復

1968年12月

6.5往復

1987年4月

5往復

2005年10月

5往復

 

【訪問記】(2005年10月)

JR雄信内駅から普通列車に乗車。この列車は隣の糠南駅には停車せず,その次の問寒別駅で初めて停車。さっそく下車した。

この駅には今まで2回訪問したことがある。2回とも隣の糠南駅がメインで,プランの都合上この駅で乗降しただけだった。今回もその口である。

だが,問寒別駅自身にも誇るべき,そしてそれゆえ見るべきものがある。この駅から出ていたという幌延町営簡易軌道である。

前回訪問した際,時間の許す限りその痕跡を求めて歩き回ったのだが,ただただ駅前に停車場跡を記念する碑が立っているだけで,それ以外は何も発見できなかった。もっと奥のほうまで行かないと何も残っていないらしい。

それでもあきらめの悪いことに,今回再び痕跡探しにチャレンジしようと思う。あれから廃線跡歩きの経験をかなり積んだことだし,何か発見できるかもしれない。

さっそく問寒別の集落に出る。北海道の田舎にしてはまとまった集落が形成されており,それなりに活気もある。が,やはり一集落の域を出ない。こんなところから軌道が出ていたというのはにわかに信じがたく,それゆえ非常に心惹かれるものがある。

前回発見した記念碑を一瞥してから,軌道が出ていたと思われる方向へ歩を進める。なんせ痕跡を探すのに必死なものだから,きょろきょろ周囲を見回し,ときには立ち止まって一点を見つめる。はたから見れば完全に挙動不審人物だったろうと思う。

このように,職務質問の対象にされかねないほどの危険を犯したにも関わらず,今回も何も発見できなかった。軌道跡っぽく見えるものもあるのだが,証拠も確証もない。やはり問寒別の集落付近だけをお手軽に歩いただけでは何も発見できないようだ。仕方ない,もうあきらめよう。

JR問寒別駅に戻る。駅近くの商店でゲットした昼食用のパンを貨車駅舎内で食べていると,駅前広場がにわかに騒がしくなった。見ると,小学生の大集団(といっても数人だけど)がめいめい勝手にはしゃいでいる。

「こんなところで何をしているのだろう?学校が終わったならさっさと家に帰ればいいのに・・・」と思っていると,小型のマイクロバスがやって来て小学生たちを一人残らず乗せ,二十線方面へ走り去っていった。

なるほど,あの小学生たちは駅前広場で送迎バスの到着を待っていたらしい。バスで通学するほどだからよっぽど遠方から通っているに違いない。走り去った方角からして,あのマイクロバスは簡易軌道の代替バスとみていいのではないだろうか。

さて,私も問寒別の地を去ることにする。傘を片手に駅舎を飛び出し,見覚えのある問寒別の集落を北西に向かう。目指すはここから30分ほどのところにある魅惑の糠南駅である。


ホーム > 途中駅の情景 > 問寒別