ホーム > 途中駅の情景 > 十三里

ホーム > 廃駅跡の情景 > 十三里【現役時代の様子】


  十三里(JR北海道・石勝線)

1.駅前

 

2.跨線橋から追分方面をのぞむ

 

3.新夕張方面から迎えにやって来た列車

【駅概略】 ※2016年3月26日廃止

JR新夕張駅から西へ1駅,2.8kmの地点にあった無人駅。夕張線の新駅として1962年に開業したのち、1981年に道央と道東を結ぶ石勝線の駅へ移行した。駅周囲には農家などが点在しているほか、国道274号線が駅前を通っていた。1日平均の乗車人員が1名以下と極端に少なくなったことから、2016年3月に廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

十三里(とみさと)

所在地

北海道夕張市紅葉山
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1962年12月25日(夕張線として)

乗降客数

駅名のルーツ

開業時の起点の追分駅から13哩(マイル)だったことから付いた。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1964年10月(夕張線)

4.5往復

1968年12月(夕張線)

4.5往復

1987年4月

下り4本、上り6本

2015年3月

下り5本、上り7本

 

【訪問記】(2015年9月)

2015年度JR北海道廃止予定駅訪問シリーズ第2弾。JR北海道が経営立て直しのため、極端に利用の少ない9駅の廃止を打ち出した。こうした駅は非常に魅力的な駅であることが多く、きわめて衝撃的かつ残念な話ではあるが、廃止が覆される可能性は低いと思われる。とにかく、廃止される前に訪問しておきたい。9駅のうち、小幌、上白滝、旧白滝下白滝の4駅は訪問済みなので、残る5駅を訪問するプランを考え、さっそく実行に移すこととする。

第2弾は十三里駅。新夕張13:06発の千歳行き普通列車に乗り、4分後に十三里駅に到着、下車した。今日は天気が目まぐるしく変わる。新夕張で降っていた雨はうまい具合に止んだ。

ホームを観察する。2面2線のかなり立派なホームで、跨線橋の入り口付近が待合室を兼ねている。さすがは道央と道東を結ぶ石勝線の駅である。しかし、報道によると、2009〜14年度の利用者は1日平均わずか0.4人。当駅発着の定期券は過去6年間で1ヶ月定期を2枚販売したのみだという。

駅周辺の散策に出る。駅前には国道274号線が通っているが、道東自動車道が並行して走っているせいか、交通量は少ない。駅前に夕鉄バスの「十三里駅前」というバス停があったので時刻表を見てみると、7:33発の中学校前行き(学校休日は運休)しか書いてなかった。

駅周辺も見回す。駅前に農家があるだけで、集落らしきものは見当たらない。観光地や商業施設もない。1日0.4人もの利用があるとは思えない。その昔は集落があったとも思われない。なぜこんなところに駅を開設したのだろうか。仮乗降場上がりでもないので、非常に不思議だ。いずれにしても、散策してみたいと思うところがないので、早くも時間を持て余してしまう。

13:59、迎えの追分行き普通列車がやって来た。上り列車は1日わずか7本しかないことを考えると、先ほど乗ってきた列車からわずか49分後に次の列車が来るこの時間帯は、十三里駅訪問にもってこいである。乗り込むと、乗っていたのは同業者と見られる男性1人のみであった。十三里駅のみならず、ローカル普通列車全般の行く末を案じながら、西へと向かう。次に目指すは東追分駅である。


ホーム > 途中駅の情景 > 十三里

ホーム > 廃駅跡の情景 > 十三里【現役時代の様子】