ホーム > 途中駅の情景 > 弥富口

ホーム > 廃駅跡の情景 > 弥富口【現役時代の様子】


  弥富口(名古屋鉄道・尾西線)

1.駅遠景

 

2.津島方面をのぞむ

 

3.弥富方面から迎えにやって来た電車

【駅概略】 ※2006年12月16日廃止

名鉄尾西線の弥富−五ノ三間にあった無人駅。弥富駅から1.4km,東名阪自動車道と交わる地点にあった。1944年に一時営業を休止したが,戦後まもなく復活した。また1983年には,のちの複線化を見越して複線分の用地を確保しつつ駅周辺が高架化された。そのため,弥富口駅も2面2線で整備されていたが,結局複線化されることはなく,東側のホームは全く使用されていなかった(そもそも線路が敷かれていなかった)。SF(ストアードフェア)カードシステム「トランパス」の導入やバリアフリー化などを進める中で,弥富口駅は利用者が極端に少なく,投資効果も期待できないことから,2006年12月15日をもって廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

弥富口(やとみぐち)

所在地

愛知県弥富市大字鯏浦字上本田152-2
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1933年8月1日

乗降客数

106人(2000年度現在,1日平均)

駅名のルーツ

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1992年3月

34往復

2006年8月

37往復

 

【訪問記】(2006年7月)

名鉄廃止予定駅訪問シリーズ第1弾。近鉄湯の山線に乗車した後,急行で近鉄弥富駅に出て徒歩で名鉄(実質的にはJR)弥富駅へ。そこから準急に乗ってわずか1分,弥富口駅に到着した。

と,同業者と思われる男性が一緒に下車した。手にしたカメラで駅名標やホームなどを撮影している。私のほうは地元民を装ってまっすぐ地上に降りることにした。

と,降りたところの高架下には自転車が通路の左右に数台ずつとめてある。とても多いとは言えないが,ちゃんと利用者がいるようだ。

農道を通って駅周辺を軽く一周してみる。家はそんなに多くない。それでいて,どの家にも自動車がとめてある。弥富口駅の廃止も仕方がないなぁと納得してしまう。

駅に戻ってホームに上がる。向かい側にもホームがあり,体裁的には2面2線のホームだが,線路はこちら側にしか敷かれていない。しかも,向こう側のホームに上がるための階段は封鎖されていた。このままあのホームは一度も使われることなく御役御免となるのだろう。

私が滞在した間の利用状況(乗降客延べ数)をまとめておこう(私自身を除く)。

同業者3人(下車2と乗車1),若い女性3人(乗車のみ),初老の男性1人(乗車)

このように,私が観察した&利用した下り2本,上り3本だけでもこれだけ多くの利用が確認できた。廃止される駅にしてはかなり多いと言えるだろう。少なくとも,JR北海道なら廃止しないと思われる。が,ここは名古屋鉄道という大手私鉄の一ローカル駅。「利用者が極端に少ない」と判断されたこの駅の廃止はもはや決定的である。別に何の思い入れもないけれど,何となく不憫だなぁといたわりつつ,迎えの電車に乗り込み,弥富口駅をあとにした。


ホーム > 途中駅の情景 > 弥富口

ホーム > 廃駅跡の情景 > 弥富口【現役時代の様子】